読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

採用について考えてみた

最近はようやく落ち着いてきたが、直近まで私の予定のかなりの部分を採用系のタスクで埋められていた。人材紹介業を生業としながら、本当に採用活動は難しいと感じる。

 

まずは、ペルソナの制定。

弊社では、「いい奴で且つ、突き抜けている個性が一つ以上ある方」と仕事がしたいと考えている。この「突き抜けた個性」というのが、非常に難しく誰と比べて「突き抜けているのか」本当に、「突き抜けているのか」の判別が非常にしにくい。また、最低限の総合力は求めるので、そのラインを超えていて且つ突き抜けている方自体が非常に少ない。

 

次に採用の方法。人材紹介から、媒体から、最近はやりのソーシャルから、イベントからなど様々な方法を試してみた。媒体やソーシャルからは確かにコスト感はメリットを感じられる部分もあるが、一方でご志望いただく方の絶対数が少なく採用まで至らないケースが多かった。一方成果報酬の人材紹介経由はコストが若干高く感じるし、、結論弊社の中途採用では、かなりの割合を〆ている。やはり、「選べる」ということと、「送っていただけて、とらないとコストが発生しない」という点においては、非常に安心だし、ビジネスにおいては結果を求める以上はそうあるべきと考えるからだ。

 

あとは、採用方法。弊社では、最終面接段階においてはお食事会を設けているケースが多い。その方のコミュニケーションの癖や、弊社にいる一緒に働くであろう仲間との相性はそこでわかる。なるべく、等身大の話をしてイメージを沸かせていただくことが重要と考えておりますので話をしておりますが、差異があり入社して、こんな会社ではなかったと思われることが一番機会損失と考えております。

 

採用は本当に難しい!!!

 

TYM松田