読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【データで見る転職活動】

こんにちは。
今回は弊社で集めた転職者アンケートを共有いたします。

転職相談の際に求職者の方より
「求人の多い時期」や「転職に適した時期」があるかどうか、
というご質問をいただくことがございます。

中途採用の場合、その企業により採用の理由は違います。
欠員補充で急募もあれば、業績好調に伴う増員、
人事計画に基づいた定期採用など、理由がそれぞれあり、
季節で大きく変わることはあまりありません。

転職のトレンドを求人数で測ることは難しいですが、
転職スピードで測ると見えてくるものもあります。


■平均転職期間

2014年 4月〜 6月:1.8ヶ月
2014年 7月〜 9月:2.7ヶ月
2014年10月〜12月:2.8ヶ月
2015年 1月〜 3月:1.8ヶ月
2015年 4月〜 6月:1.7ヶ月
2015年 7月〜 9月:2.9ヶ月
2015年10月〜12月:3.2ヶ月
2016年 1月〜 3月:2.3ヶ月


企業の動きに大きく変動がない中で、
これだけ転職活動スピードに変化があるのは、
求職者側の動き方に違いがあるからです。

時期で見ると年明け〜春にかけて転職決定スピードが速くなり、
夏〜秋にかけて落ち着く傾向が出ています。
これは年度末を区切りに退職をされる方が多く、
春〜夏入社を目指して意思決定をされる方が多い為、
転職決定スピードが速くなっています。

一方で、夏〜秋にかけてはプロジェクトが走り出したり、
年末進行に向けて業務が忙しくなる方が増えてくるため、
候補者側の転職の動きがゆっくりになる傾向があります。
企業側は年末の時期のみ、面接が調整しづらくなりますが、
それ以外は特に大きく変わりません。
裏を返せば、秋ごろ転職活動を積極的に行えば、
求職者側のライバルは少ない可能性がありますので
他候補者が進む前に内定獲得できるチャンスもあるかもしれません。


もちろんご自分のスケジュールや
キャリアプランの中で転職活動を行われると思いますが、
他候補者の少ない時期に動けば思わぬチャンスに巡り合えるかもしれないですね。

参考にしていただけますと幸いです。

 

◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/lp/