読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【転職事例vol.12 実技選考でキャリアの弱みをカバーした転職事例】

こんにちは。

クリエイターの選考の場合、特にデザイナーが多いですが、
実技課題が行われることもございます。

内容は企業によってまちまちですが、
事前に課題が知らされて次回選考までに用意する場合や、
または当日課題が知らされて、その場で行うこともございます。
今回のケースは実技課題によって転職成功につながったケースになります。

求職者は20代後半の女性です。
クリエイティブ系の専門学校を卒業後、
アーティストのグッズ制作や冊子制作、Webサイト運営などを行う企業に入社され、
企画、デザイン、進行管理、時にはライターのような仕事まで行われてきました。

仕事のやりがいは感じつつも、携わる業界の偏り、
幅広い業務ゆえの専門性のない自分のキャリアに懸念を感じ、
転職活動を始められました。

いざ転職活動を始めてみると、やはり思うように書類が通過せず、
なかなか自分をアピールする機会がないまま、チャンスを逃してしまうことが多かったそうです。

弊社のコンサルタントから見ても、テイストが偏っている実績や、
凝ったデザインをやる機会がなく、本来のスキルがアピール出来ていないかもしれないと感じたようです。

書類の通過率を上げるため、
ポートフォリオに自主制作作品を追加していただき
企業との選考に備えました。

それでもスキルがアピールできない際は、
撮影まわりの経験や、キャスティング経験など、
デザイン以外のスキルをアピールし書類通過率を上げました。

その中でアパレル系に強いクリエイティブエージェンシーが、
彼女のデザイン以外のスキルに興味を持ち、面接の機会を調整することが出来ました。
しかし、ポジションはデザイナーとしての採用。
デザイン以外のスキルは魅力的でも、
デザイン力がなければ採用になることはありません。

そこで急遽、今進行中の案件を課題とし、彼女にお願いすることで、
スキルをチェックする機会を作ることになりました。

期間は2日間という短い納期での依頼でしたが、
本来のスキルのアピールだけでなく、
制作スピードもアピールすることが出来、
無事に内定、採用となりました。

今回の場合、実務中心のポートフォリオだけでなく自主作品を追加したこと、
また敢えて選考に課題を入れたことで、本来の魅力を伝えることが出来、
採用に繋げることが出来ました。

実技課題があると聞くと良いイメージがしないかもしれませんが、
起死回生のチャンスになる可能性もあるかもしれないですね。


是非ご参考にしてください。

 


◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/lp/