読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【よくある質問「経験年数」について】

こんにちは。

Webサイトの求人情報や転職エージェントからの求人票など、
必ずと言っていいほど、求めるキャリアの経験年数が記載されているかと思います。
あくまでも目安というお話をしたうえでご紹介させていただきますが、
やはり求職者の方から「経験年数に満たないので辞退します」
というご連絡をいただくことがございます。

経験年数はそれ相応のスキルを求めているというメッセージです。
求人票に「経験年数3年以上」と書かれていた際に、
本当に3年以上経験していないといけないかというとそうではありません。
仮に年数が満たなかったとしても、企業側が求めるスキルを満たしていれば、
採用の可能性は大いにあります。

また求人を出した段階での企業が求めていたスキルが、
採用を始めていく中で変化することも多くございます。
ご紹介している転職ストーリーの中でも、
「経験は浅くても…」というケースがあるように、
企業側が最初に求めるレベルよりに満たなくても
それ以外のところで挽回できるケースはわりとよくある話です。

一方で、企業が記載している経験年数を大幅に上回る場合は、
応募を見合わせた方が良いかもしれません。

経験年数が3年以上の求人に対して、
10年以上の経験がある方がご応募されるのは、
お見送りになる可能性が高いです。

一般的に考えて「○年以上」と記載されていた場合の、
企業が想定している年数はプラス2年程度です。

それは想定年収もあわせてご推測されると良いかと思いますが、
若手のプレイヤー層を想定されている企業様は「経験年数も少なめ、年収も低め」、
ハイレイヤー層を求められる場合は「経験年数も長め、年収も高め」となります。


もちろん年収レンジに関しては、企業によって変わりますので、
必ずしもそうであるとは言えませんが、
企業応募の際のご参考にしていただけますと幸いです。

 


◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/lp/