読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【転職コンサルタントが直伝!選考のワンポイント 面接vol.15】

こんにちは。
今回は面接のマナーではなく、
面接の臨み方についてお話をしたいと思います。

私もエージェントとして多くの求職者の方の面接に立ち会ってまいりましたが、
まったく緊張せずに面接に臨んでいる人はほぼいらっしゃいません。

なぜ面接は緊張するのでしょうか?

例えばテストであれば、ある程度の対策ができます。
解法を基に、結果にたどり着くことが可能です。
そもそも知識がなければ答えることすらできないですし、
得意な領域であれば満点を取ることも可能です。

しかし面接はその場の勝負。
どんな相手からどんな質問が来るのかわかりませんし、
その質問に対しての回答が正しいのかどうか、
間違ってしまったら不合格になるのではないか、など
不安になってしまうから緊張するのでしょう。


面接に臨むときの心構えとしては、
面接には「完璧な答え」があるわけではないので、
「答え合わせ」をしに行くのではなく「対話」をしに行くと考えることです。

面接官に対し、自分を知ってもらうこと、
そして面接を通して、自分が相手(企業)をよく知ることが、
面接の本当の目的です。


企業によっては必ず質問する項目も用意している場合が多いですが、
それ以外の内容は、候補者の回答内容に合わせて替えているケースが多いです。
ゆえに、完璧な対策も出来ませんし、
その時の流れに乗って、臨機応変に対話していただくしかできません。

面接で失敗してしまうケースは、
恐らく緊張しすぎた結果、臨機応変な対応が出来なかったり、
表情が硬くなってしまったり自分らしさを出すことが出来なかったから、
というのが多いのではないでしょうか。

もちろん面接をしてみて、実際の求めるスキルと違った、社風に合わないなど、
うまく会話が出来たとしても違う理由で不合格になることもありますが。

面接は気負わず平常心で、また見栄を張らず等身大で臨むことが、
本来の自分を伝えるための鍵になると考えます。


しかし、あまり緊張感がなくなると、調子に乗って話し過ぎてしまったり、
それ以外のしぐさやマナーで不合格になるケースもありますので、
程よく気を引き締めて臨むよう心がけてください。


是非ご参考にしていただけますと幸いです。

 

◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/entry.html