読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【転職事例vol.20 よりスキルアップできる職場を求めて。】

こんにちは。
今回は東京での転職事例をご紹介します。

求職者は30代男性、WEBデザイン系の専門学校を卒業後、自社サイトの運営を担当。
そのあと、WEB周りのスキルをつけるために制作会社にてWEBディレクターとして活躍されていました。

広告代理店請けの制作会社だったため、なかなか企画から携われることは少なく、
ご自身の業務はWEBディレクションや一部コーディングでした。
WEBディレクションのスキルに関して自負はあるものの、
ご相談にいらした時には、制作のみの業務にかなりお疲れのご様子でした。

希望としては、今までのような制作だけではなく
企画に携わりステップアップしたいという気持ちが強く、
当初は事業会社や広告代理店などに絞ってご応募されました。

しかし思うようには選考が進まず、少々行き詰まりを感じられているようでした。

彼がもつ「上流工程から携わる」という希望は、
事業会社や広告代理店でなければ叶わないわけではありません。
そんな時に、弊社からとある制作会社をご紹介しました。

その企業は20年以上の歴史を持つ老舗のWEB制作会社で、大手企業と昔から取引があり、
広告代理店とも同等に企画提案することができることが強みでした。
この企業であれば彼が今まで築いていったスキルを活かし、
さらに上流の仕事に携わることができるのではと考えました。

ご提案したところ、制作会社ではあるものの希望に叶う部分も多く、
ご応募を決められました。

応募当初は、第一希望とは言えない印象を受けましたが、
面接を重ねるにつれ、業務内容はもちろんのこと、
面接で対面する上司の方や現場の方の人柄や考え方に共感をし、
この企業への意向が上がってきていると感じました。

企業側からも彼の温厚な性格や、
今までWEBディレクターとしてご経験されてきたスキルへの評価が高く、
無事に内定を頂くことができました。

彼自身も、ただスキルアップするのではなく
「この人たちと一緒なら長く働くことができる」と感じたことが、
入社を決定した一番の決め手になったと言っておりました。

当初の希望と最終的な転職先が異なるケースは比較的多いです。

何が自身にとってのスキルアップなのか視点を変えてみることで、
彼のように希望に合った企業への転職が成功することもあるのではないでしょうか。

皆様も是非ご参考にしてください。

◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/lp/