読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【転職事例vol.11 2週間のスピード転職!お互いのニーズがマッチした転職ストーリー 】

こんにちは。

スマホの普及に伴い、インターネットサービスは日々増え続けています。
中でもネットショッピング系のサイトやアプリは
テレビCMも多く流れており、目覚ましい勢いで成長している領域です。

今回は自社でECサイトの運営を担当していた方の
転職ストーリーをご紹介いたします。

求職者は福岡にご在住の20代女性です。
大学を卒業しあこがれていたアパレル業界へ就職、
販売員として約1年経験を積まれたのち、繊維メーカーにご入社されました。

その繊維メーカーでは、自社の繊維を使った衣料品も企画生産しており、
一部直販事業も始められていました。
彼女はその直販事業に配属され、大手ショッピングモールの運用担当として、
月間平均3万PV、年間1000万超のサイトを担当されていました。

入社するまでは販売経験しかない中で、初めてのWeb運用だったため、
HTML、CSSアクセス解析などは業務をやりながら覚えていく必要があり、
苦労も多かったものの、年々売り上げを伸ばしていくサイトを
担当することはやりがいがあったそうです。

そんな彼女に突然、EC担当から営業へ移動するよう辞令が出ました。

キャンペーンや価格だけでなく、ビジュアルを変えることで売上も変化したり、
それが数字として見えてくるWebの仕事が楽しくなってきた矢先の異動。
悩んだ彼女は弊社にご相談にやってきました。

大手ショッピングモールというプラットフォーム内での経験にはなるものの、
アクセス解析の経験や、簡単なコーディングの知識があったこと、
何よりもWebの運用に興味があったことが彼女の強みとなり、
とあるWebコンサルティング会社との面接が進みました。

その企業は福岡で創業し、地元では注目されているWebコンサルティング会社。
好調に業績を伸ばす反面、案件数が増えており、人員はいつも不足気味でした。
特に福岡は通販系の案件が多く、ECサイトに関わったことがあった彼女は、
まさに今一番欲しい人材でした。

結果的に弊社にご相談にいらしてから2週間で
内定、入社受諾というスピード展開で、彼女は転職活動を終えることとなりました。

通常、転職活動を始めてから次の会社が決まるまで、
2〜3ヶ月が平均だと言われています。
異例のスピードでの決定は、求人企業と求職者のニーズが合致しただけでなく、
すぐに出会えた運とご縁、すべてがマッチした結果ではないでしょうか。

是非ご参考にしてください。

 

◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/lp/