読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松田.log

「Web・広告業界を盛り上げる!」をテーマに赤坂で働いています。

【転職コンサルタントが直伝!選考のワンポイント 面接vol.12】

こんにちは。
今回は面接時の服装に関してお話ししたいと思います。

新卒時と違い、中途採用のシーンにおいては、
必ずしもスーツを着用しなければならないということはなく、
「服装自由」と案内されることが多いかと思います。
そのため、逆に何を着ればいいのか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

クリエイティブ業界、広告系の業界など、その人のセンスがモノを言う業界においては、
特に「服装」が与える印象は面接時においても重要な項目です。

オシャレであること、自分らしさを表現できることは重要ではありますが、
「面接」という場であること、相手は「企業」であることは忘れないようにしなくてはいけません。

相手に不快感を与えないマナーとして、服装選びをすることが重要です。

そのため、どの職種の方でも面接時は「ジャケット」を着用することが無難です。
やはりジャケットがあるとないでは、印象が大きく変わりますし、
ビジネスシーンを表現することが出来ます。

男性の場合、出来ればネクタイも締めた方が良いでしょう。
クールビズ推奨の企業も多いかと思いますが、
それはあくまでも社内でのルールであり、社外でも同じルールが通用するとは限りません。
無礼な人と思われないように、心掛けるようにしましょう。

また女性がセットアップのスーツを着用する際は、
スーツの色を気にした方が良いかもしれません、
黒のスーツを着ると、一気に就活感が出てしまいます。

「真面目さ」をアピールすることはできるかもしれませんが、
「物足りなさ」や「遊びごごろのない印象」と、とらえられる可能性もあります。
女性の場合、スーツの下のインナーで印象を変えることをお勧めします。

最後に意外と多いのが、サイズが合わないジャケットやスーツを着ている方です。
普段着ないからこそ…なのかもしれませんが、それだけで損をしてしまいます。

面接は中身も大切ですが、印象も重要です。
服装が原因で落としてしまった第一印象の評価を、
面接の内容で挽回するのは意外と難しいものです。

それであれば、相手に良い印象を与える服装で面接に臨むことが
面接通過率を上げる一つの方法とも考えられます。


是非ご参考にしていただけますと幸いです。

 


◆Web・広告業界向け転職支援サービス◆
T.Y.Mコーポレーション 代表取締役 松田智久
HP: http://www.tym-co.net/index.html
転職相談申込ページ:http://www.tym-co.net/lp/